読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァーチャルな時空中古車店

ヴァーチャルな時空中古車店

ディーラーに下取りを頼むのは得策か?

車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと次の車が届くまでは古い車に乗り続けることが可能でます。しかしながら古いほうの車を買取業者に買い取って貰う場合は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

 

どうしても車が必要であれば、あらかじめ査定を依頼する前に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。うっかりしていると業者次第で台数が限られていたり、持と持と用意していないところもあるため先に確かめておかないとアトになって困ることになります。所有者が絶対に中古車査定の際にはその場にいなければいけないとする約束を設けている業者はいないと思いますが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、査定時は本人不在の状況をつくらないようにしましょう。今どき悪徳業者なんていないと思うかも知れませんが、悪質な例では、車のことがわかる人がいないのに乗じてわざと車体に傷を造るといった違法な手法で不当な安値で買おうとする業者もいるようです。個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車のあつかいに長けた査定士からするとその車の過去の修理や事故歴といったものはすべてお見通しです。隠蔽行為は業者を騙すのと同じことで、沿うなると価格交渉どころではありません。また本来申告すべき情報を隠す行為は保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるワケで、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。こうしたトラブルを避けるため契約書の掲さいでもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。